MY STORY


22歳の頃、北欧の食文化を取り入れたベーカリーカフェで勤めはじめました。

北欧の食材やモノと関わるうちにフィンランドが好きになり、25歳の時にフィンランドの首都ヘルシンキへ単身ベーカリーめぐりの旅にでました。

 

ヘルシンキでは今までにみたことないような様々なパンと出逢い、それとともに日本人がお米を炊くように、フィンランドではパンを焼く家庭が多いことを知りました。

 

それぞれの家庭で焼き上げるパンは多種多様で、先代からパンの酵母を引き継いで使っている家庭も少なくないそうです。

 

そして家庭での手づくりパンに興味を持ちパン教室に通い始めることになりました。

 

27歳で結婚し、夫に初めてパン教室で教えてもらったピザをつくりました。
夫はピザは買って食べるものだと思っていたためか予想以上に喜んでもらい、手作りしたパンで人を喜ばすことができることを知り胸が熱くなりました。
もっとたくさんの人に手作りしたときの嬉しい気持ちをシェアしたいと思い、通っていたパン教室で講師を務めさせていただくことになりました。
 
2016年に長野県松本市に引っ越し、すぐに自然豊かな信州に魅了されました。
暮らしている土地の魅力とパン作りの楽しさを伝えていきたいと強く思い、
2017年春【旅する教室キッピス】を立ち上げることになりました。